夏場は要注意!?バリア機能低下による大人ニキビとは!

当サイトではニキビ対策を行うにあたって普段の生活で気をつけておくべきポイントや、症状別のニキビケアに最適なニキビケア化粧品の紹介などをご紹介しています。ニキビは対策が難しいたいへん厄介な症状ですが、しっかりとしたケアを行うことで症状を軽減していくことが十分に可能です。当サイトが厳選したニキビケア化粧品のランキングもご紹介していますので是非参考にしてみてください。

夏場は要注意!?バリア機能低下による大人ニキビとは!

夏場は肌のバリア機能が低下!

6d6162cbeac4a0635ac0163882624b39_s

乾燥肌の人は、夏場は特に肌の乾燥に注意が必要となる季節です。夏場は一年のうちで湿度が最も高くなるため、乾燥肌とは無縁のように思われています。しかしながら、夏場に乾燥肌になってしまい、大人ニキビができる可能性もあるのです。

それは、夏場は特に外部による刺激が大きく関係しているからなのです。肌と言うものは、基本的にバリア機能が十分に働いている限り、空気がいくら乾燥していたとしても、肌内部の水分が奪われるようなことはありません。

これは、逆に言うと肌のバリア機能が低下している場合には、いくら空気中の湿度が高かったとしても、肌の水分が奪われてしまうのです。湿度の高い夏場でも、肌のバリア機能にトラブルがある場合、乾燥肌になってしまう可能性があるのです。さらに、夏場は肌のバリアの機能を低下させてしまう様々な要因があります。

主な要因として、紫外線による影響が大きいです。また、多量の汗をかき洗顔をし過ぎたり、室内のクーラーによる湿度の低下で、肌の乾燥によるバリア機能の低下に繋がる場合などもあります。夏場は室内と外の温度差が激しく、室内と外を移動する際に身体はストレスを感じています。

ストレスは自律神経を乱し、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、さらなる肌のバリア機能の低下を招いてしまうのです。このように夏場は、外部からの刺激が強ければ強い程、肌の角質層の水分の蒸発を促すことになり、バリア機能の低下に繋がります。

バリア機能が低下すると角質層に十分な水分を留めておくことが難しくなり、さらなる乾燥肌へと傾いてしまい悪循環に陥ってしまうのです。大人ニキビというものは、肌のバリア機能が低下することで角質層の乾燥を招き、角栓による毛穴詰まりを起こし発生するのです。

ニキビケア対策として大切なことは、乾燥を防ぎ、肌本来のバリア機能を回復させることであると言えるでしょう。

ニキビケア対策にはビタミンB群とビタミンCが必須!

bb2c94e188c7d45e56acfad3c96f572e_s

ビタミンB群の働き

ビタミンにはいろいろな種類がありますが、特に、ビタミンB群は脂質の代謝を活発にし、皮脂の分泌を正常に保つ働きがあり、日頃のニキビケア対策にはとても重要なビタミンと言えます。

また、ビタミンB群の中でも、肌の乾燥を防ぎ、皮脂の分泌を調整する働きのあるビタミンB2が不足してしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまい、大人ニキビが発生しやすくなります。さらに、できていた大人ニキビをさらに悪化させてしまう可能性もあります。

ビタミンCの働き

ビタミンCは美肌作りに深く関係しており、ビタミンCが不足してしまうとコラーゲンの生成がスムーズにいかず、肌のターンオーバーを乱す原因となり、乾燥肌を引き起こします。その結果、大人ニキビや肌荒れなどを引き起こしてしまうのです。

また、ビタミンCにはニキビ跡のシミなどにも効果があると言われており、ビタミンB群と併せて摂取すればニキビケアに繋がり、美肌の相乗効果が期待できます。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る