夏でも要注意!?乾燥肌がもたらす大人ニキビの改善対策とは?

当サイトではニキビ対策を行うにあたって普段の生活で気をつけておくべきポイントや、症状別のニキビケアに最適なニキビケア化粧品の紹介などをご紹介しています。ニキビは対策が難しいたいへん厄介な症状ですが、しっかりとしたケアを行うことで症状を軽減していくことが十分に可能です。当サイトが厳選したニキビケア化粧品のランキングもご紹介していますので是非参考にしてみてください。

夏でも要注意!?乾燥肌がもたらす大人ニキビの改善対策とは?

なぜ、皮脂が少ない乾燥肌なのにニキビが出来てしまうの?

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

一般的に、ニキビができる原因として、多くの人は皮脂の過剰な分泌がニキビに繋がると思っています。乾燥肌の人は脂性肌(油っぽい肌)の人とは違って肌の皮脂が多くないため、乾燥肌はニキビは出来ないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ニキビが出来る原因は、皮脂の過剰な分泌だけではありません。皮脂が過剰に分泌されたからといって、すぐにニキビに繋がるということではないのです。

ニキビの根本的な原因は皮脂ではなく、角栓によって毛穴が塞がれてしまうことにより、そこに皮脂が溜まってしまうことでニキビが発生してしまうのです。

そのため、脂性肌ではなく、乾燥肌であってもニキビが出来る場合もありますし、むしろ乾燥肌はニキビが出来やすい肌状態であると言えるでしょう。

なぜ乾燥肌でもニキビができてしまうの?

ニキビというものは、角栓によって毛穴が塞がれてしまい、そこに皮脂が溜まることでニキビが発生してしまうのです。これが、いわゆる大人ニキビなのです。

乾燥肌などで肌に潤いや水分量が少ないと、角質が硬くなってしまい、角栓が出来やすくなります。もし、肌が乾燥していなければ、角質層は柔軟な状態であるため、角質細胞が硬くならないので、毛穴が簡単に塞がるようなことはありません。

そのため、もし、皮脂の分泌が多かったとしても、毛穴が角栓で塞がらなければ皮脂が毛穴の中に溜まってしまうことがないので、大人ニキビになることはないのです。

これらを総合的にまとめると、大人ニキビ発生の原因は、角栓が毛穴を塞ぐことであり、皮脂はあくまでもニキビ悪化を促す要因でしかないのです。ですから、乾燥肌であっても、大人ニキビが発生する可能性は十分にあると言えるでしょう。

女性ホルモンのバランスが崩れると、乾燥肌を引き起こす!

720a62b1da377f232060059e54866742_s

女性ホルモンは、身体だけではなく、肌の状態にも大きく繋がりがあります。女性ホルモンには、大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

この2種類の女性ホルモンは、毎月それぞれ分泌量を増やしたり、減らしたりしながら、上手くバランスを取り合っています。

エストロゲンは皮脂分泌を抑えたり、潤いのあるきめ細かい肌を保つ働きがあり、プロゲステロンはこの逆で、皮脂分泌を促し、肌を脂性に傾けてしまう働きがあります。

一般に生理前になると肌が荒れやすくなったりするのは、女性ホルモンのバランス崩れてしまうからであると言われています。

このホルモンバランスが崩れてしまうと、角質細胞が硬くなってしまい、角質層が柔軟性を失ってしまうのです。角質細胞が硬くなってしまうことを過角化と言いますが、過角化することにより、細胞間脂質が失われてしまい肌が乾燥してしまうのです。

そして、この肌の乾燥が、大人ニキビの発生を導いてしまうのです。これらのことから、角質層の水分量を保つ働きをするエストロゲンが肌の潤いを保つのには欠かせないホルモンであり、これら2種類のホルモンバランスを出来るだけ崩さない様にすることが、ニキビケアに繋がるのです。

夏は肌の乾燥による大人ニキビに要注意!?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

乾燥肌の人は、夏こそ肌の乾燥に注意しなければなりません。意外かもしれませんが、実は、夏は乾燥肌に注意するべき季節だったのです。

一見、夏は一年のうちで湿度が最も高くなるため、肌の乾燥とは無縁のように感じてしまいます。しかし、実は、一般に湿度が高いとされる夏場に乾燥肌になってしまい、大人ニキビができる可能性もあるのです。

それは、夏場は特に外部による刺激が大きく関係していると言われています。湿気の多い夏は、乾燥肌とは無縁であると考えている人の多くは、たぶん秋や冬などの乾いた季節に、乾燥した空気が肌の角質層の水分を奪うと考えているからでしょう。

これは、間違いではないのですが、肌の乾燥を引き起こす原因は別のところにあります。本来、肌と言うものは、バリア機能が十分に働いている健康的な肌である限り、空気がいくら乾燥していたとしても、肌内部の水分が奪われるようなことはありません。

これは、逆に言えば、肌のバリア機能が破綻している場合には、いくら空気中の湿度が高かったとしても、肌の水分が奪われてしまうのです。

いくら湿度の高い夏であったとしても、肌のバリア機能に問題があれば、乾燥肌になる可能性があるのです。

夏に肌のバリア機能が壊れてしまう理由

夏に肌のバリア機能が壊れてしまう理由は、外で活動する時間が長くなると、紫外線による強い刺激を受け続けてしまうからです。更に、多量の汗をかくことで洗顔をし過ぎたり、室内のクーラーによる湿度の低下で、乾燥してしまう場合などがあります。

また、屋外と屋内を行き来するたびに、身体というものは温度差によるストレスを感じています。身体がストレスを感じると、自律神経が乱れる元となり、それが交感神経を刺激し、さらなる肌のバリアの機能低下を引き起こしてしまうのです。

このように、特に夏は外部からの刺激が強ければ強い程、肌の角質内の水分の蒸発を促し、様々な外部刺激によりバリア機能が破綻してしまうのです。

こうなると角質に水分を留めておくことが困難になり、乾燥肌や敏感肌になり、乾燥を原因とする大人ニキビの発生に繋がりやすくなるのです。

大人ニキビは、根本原因は肌バリアが失われることにより、角質層が乾燥し、角栓による毛穴詰まりを起こすことで発生するのです。毛穴が塞がれていなければ、皮脂は毛穴から自然と排出されるので問題はありません。

大人ニキビのケアで大切なことは、肌本来のバリア機能を回復させることであると言えるでしょう。

大人ニキビを防ぐ夏場の保湿ケア対策とは?

5f190b2e0242bdbe35fa84af037c7fc7_s

湿度の高い夏場で肌が表面的には潤っているように見えたとしても、外部刺激を受け、角質層が乾ききっている状態なのが、夏にもたらされる乾燥肌なのです。

そのような乾燥肌の夏場の大人ニキビケア対策とは、セラミドや天然保湿因子などが配合されている保湿化粧水を使用することです。

セラミドや天然保湿因子などの成分は、細胞間脂質の保湿力を補助してくれる働きがあります。また、ニキビ跡などには、ビタミンC誘導体やビタミンE配合のクリームなどが効果的です。

化粧水やクリームなどを選ぶ際には、これらの成分が配合されているかどうかを確認し、しっかりとケアする必要があります。

さらに、外部刺激となる紫外線を避けるために、PA+++、SPF30くらいまでの日焼け止めを使用するのが効果的と言えるでしょう。

夏は、日頃から保湿ケアとUVケアを十分に行いましょう。そして、温度変化による肌ストレス対策のために、カーディガンなどの羽織るものを1枚持ち歩くことで、室内と室外の温度差を少しでも小さくすることができるので、結果的に大人ニキビケア対策に繋がりますす。

できてしまった大人ニキビの改善にはビタミン摂取を!

6b82c2bb6774a387642454617802c0c8_s

大人ニキビを治すためには、ビタミン類を積極的に摂ることが大切です。

ビタミンにはいろいろな種類のものがありますが、中でもビタミンCは、ニキビの要因となる過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあり、大人ニキビの予防にも効果を期待することができます。

さらに、ビタミンCには、肌にとって必要不可欠なコラーゲンの生成を促進する働きなどもあり、併せて頑固なニキビ跡を消す効果もあると言われています。

また、普段からビタミン類を多く含んだ野菜中心のバランスの良い食生活を心掛けることが、大人ニキビの予防や改善に繋がると言えるでしょう。

参考:ニキビ対策に本当に効果があるのはどのビタミン?

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る