夏は危険!?大人ニキビに注意したい夏の乾燥肌

当サイトではニキビ対策を行うにあたって普段の生活で気をつけておくべきポイントや、症状別のニキビケアに最適なニキビケア化粧品の紹介などをご紹介しています。ニキビは対策が難しいたいへん厄介な症状ですが、しっかりとしたケアを行うことで症状を軽減していくことが十分に可能です。当サイトが厳選したニキビケア化粧品のランキングもご紹介していますので是非参考にしてみてください。

夏は危険!?大人ニキビに注意したい夏の乾燥肌

夏は乾燥による大人ニキビが出来やすい!

b564ef9cc01aa2a3979d9acdfa0a4dfc_s

湿度の高い夏は、肌が表面的には潤っているように見えたとしても、外部刺激により角質層が乾ききっている状態と言え、これが夏の乾燥肌なのです。夏は特に、大人ニキビのケア対策を重点的にするようにしなければなりません。

夏の大人ニキビのケア対策

夏は、セラミドや天然保湿因子などが配合されている保湿化粧水を使用するようにしましょう。セラミドや天然保湿因子などの成分は、細胞間脂質の保湿力を補助してくれ、乾燥を防ぎ、大人ニキビの発生を防ぎます。

また、ニキビ跡などには、ビタミンC誘導体やビタミンE配合のクリームがオススメです。化粧水やクリームなどを選ぶ際には、これらの成分が配合されているかどうかを確認し、しっかりとケアする必要があります。また、外出の際には、必ず日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

夏は、このような保湿ケアとUVケアを十分に行うことで、乾燥を防ぎ、ニキビケア対策に繋がるのです。

乾燥肌のスキンケアとメイクのポイントについて!

82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s

乾燥肌の場合、スキンケアとメイクをする際には、ニキビケアに配慮したものでなければなりません。また、日頃のニキビケア対策として、スキンケアやメイクの際には、押さえておきたいポイントがあります。

水のみ洗顔がポイント

朝の洗顔は、水のみで洗顔することをオススメします。乾燥肌の場合、朝の肌は汚れておらず、脂性肌のような過剰な皮脂なども出ていないからです。毎朝、界面活性剤が配合された泡の洗顔料で洗顔を行い、肌のバリアとなる皮脂を奪ってしまうことで、乾燥肌がさらに進行してしまいます。

また、水のみ洗顔をする場合、熱すぎるお湯は使用せず、水かぬるま湯で行いましょう。

化粧水は手で付けるのがポイント

化粧水を付ける際には、コットンを使用せず、手のひらに少しずつ取りながら、何回かに分けて繰り返し手で付けていきましょう。コットンを使用すれば、化粧水を付ける際にコットンが肌に擦れ、肌に刺激となる可能性があるからです。

外出時は日焼け止めを使用するのがポイント

外出時には、日焼け予防のため、紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使用するようにしましょう。それは、日焼けにより、ニキビ跡の色素沈着が進行する場合があるからです。また、紫外線吸収剤配合の日焼け止めは、乾燥肌には刺激が強すぎる可能性があるため使用しない方がいいでしょう。

しかし、紫外線散乱剤配合の日焼け止めは、時間が経つにつれてより乾燥を感じやすくなるため、十分に保湿してから付けるようにしましょう。

メイクは控えるのがポイント

乾燥肌の人はメイクは控えた方がいいのですが、もし、メイクをする場合にはファンデーションを薄めに付けるようにしましょう。また、乾燥肌は、乾燥がひどい場合粉浮きすることがあるので、保湿のお手入れを念入りに行い、リッキッドファンデーションを付けた後、軽くパウダーを載せるようにしましょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る