もうニキビは見たくない!ニキビの発生を防ぐ4つの方法

当サイトではニキビ対策を行うにあたって普段の生活で気をつけておくべきポイントや、症状別のニキビケアに最適なニキビケア化粧品の紹介などをご紹介しています。ニキビは対策が難しいたいへん厄介な症状ですが、しっかりとしたケアを行うことで症状を軽減していくことが十分に可能です。当サイトが厳選したニキビケア化粧品のランキングもご紹介していますので是非参考にしてみてください。

もうニキビは見たくない!ニキビの発生を防ぐ4つの方法

食事を変えてニキビを撃退

65bdaefb75fee6b9bf0a6bdf9b3a564f_s

ニキビを防ぐためにはどのような食事を取るのかということが大切になってきます。そもそもニキビは毛穴が皮脂で詰まってしまい、炎症を起こすことで発生してしまいます。ニキビが多くできる人は皮脂が毛穴から多く排出されているということなのですが、その原因のほとんどは食事にあります。

子供ニキビと違い、大人ニキビにははっきりとした原因があるものです。そのため、その原因である食事を改善することで、本当のニキビケアができるようになります。

ニキビができやすい食材は?

ニキビができやすい食材というと、ピーナッツなどを思い浮かべるものですが、実はニキビができやすい食材というものは存在しません。しかし、動物性脂肪や糖質を大量に摂取してしまうと、ニキビはできやすくなってしまいます。

つまり、過剰に摂取さえしなければ、食べてはいけない食材などないということです。以下は過剰に摂取するとニキビができやすいものですので注意してください。

  • コーヒー(カフェインがビタミンBの吸収を邪魔してしまう)
  • 唐辛子(発汗するため健康的にも思えるが、内臓に大きな負担がかかってしまう)
  • スイーツ(糖分を過剰に摂取すると、皮脂腺が刺激されてしまう)

ニキビケアに適した食材は?

大人ニキビ対策のためには、率先して食べたほうが良い食材は多く存在します。抗酸化作用を持つ栄養素を含んだ食材や、皮脂の分泌を抑制する栄養素を持つ食材などです。以下のものがニキビ対策になり得る栄養素ですので、それを含む食材を意識して食べるようにしましょう。

  • ビタミンA(ニンジン、かぼちゃ、ホタルイカ)
  • ビタミンB2(卵、レバー、納豆)
  • ビタミンB6(にんにく、まぐろ、ピスタチオ)
  • ビタミンC(アセロラ、ゆず、ピーマン)
  • ビタミンE(めんたいこ、アーモンド、すじこ)
  • コラーゲン(うなぎ、フカヒレ、牛すじ)
  • 食物繊維(インゲン豆、寒天、ワカメ)

適度な運動はニキビ予防になる

4618f111bb577daba7f1918a51bde9eb_s

ニキビと運動、一見関係のないもののように思えますが、実は適度な運動をすれば、大人ニキビができにくくなるのです。なぜなら運動をすると、血行促進と新陳代謝の活性効果を得ることができるからです。

血行が促進されれば、食べた食材の栄養素が肌の細部にまで届けられますし、新陳代謝が活性化されればターンオーバーが正常化します。ターンオーバーは早すぎると、皮膚の乾燥や毛穴の汚れの原因になってしまいますので、ニキビ対策を行う上では正常化させることが重要になってくるのです。

激しい運動をすると逆効果

運動をしたほうが良いという話でしたが、あまりにも激しい運動をすると、今度はそれが逆効果になってしまうこともあります。なぜなら、激しい運動をすると、体内に活性酸素が発生してしまうからです。

活性酸素は細胞を傷つけ、ニキビを悪化させる性質があります。さらに、活性酸素を退治するために体はビタミンCを消費してしまうので、ニキビが治りにくく、跡が残りやすくなるのです。そのため、激しい運動は控えるようにしましょう。

ウォーキングが最適

ニキビ予防のために運動を行うということであれば、ウォーキングが最適です。20分程度、少し早歩きするような感じでウォーキングをすれば、適度な運動を行うことができます。また、ウォーキングが難しいという人は、ストレッチでも構いません。

10分程度行えば、同じような効果を得ることができます。運動はストレスも解消してくれるため、より一層ニキビに対する効果があります。定期的に行うようにしましょう。

質の良い睡眠でニキビ予防

a61d72eb048289f1ae5312e4572f71e7_s

睡眠とニキビにも意外な関係性があります。寝不足は肌荒れの原因とよく言われますが、ニキビの原因にもなってしまうのです。人間の体は睡眠中にダメージを回復します。肌も同様です。そのため、睡眠時間が少ないと肌のダメージを回復することができず、ニキビができてしまうのです。

また、寝不足は大きなストレスの元となり、そのことが原因で男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。そうなると皮脂も大量に分泌されてしまい、大人ニキビの原因となってしまうのです。

長く寝れば正解というわけではない

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。簡単に言えば、レム睡眠が浅い睡眠で、ノンレム睡眠は深い睡眠です。そして、質の良い睡眠とは、ノンレム睡眠のことを指します。いくら長時間寝ていても、レム睡眠だけでは、肌にたいした効果は現れません。

そのため、肌の修復が行われる睡眠時から3時間後までに、しっかりとノンレム睡眠をとれるかということが問題になってくるのです。

質の良い睡眠をとるための注意

質の良い睡眠をとるためには、様々なことに注意しておかなければなりません。以下のようなことを行うと、ノンレム睡眠をとれなくなりますので、注意しておきましょう。

  • 常夜灯を含めた照明を全て消す(少しの光だとしても、人間は無意識にストレスを感じます)
  • 就寝前の三時間は食事をしない(睡眠中に消化をしていると質の良い睡眠をとれなくなります)
  • パソコンや携帯電話を就寝前に使わない(液晶の光は体を緊張状態にします)
  • 朝日を浴びる(朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、夜眠りやすくなります)
  • お酒を飲みすぎない(お酒を大量に飲んで眠るのは、睡眠ではなく失神です)

その他の生活習慣を変えてニキビ予防をする

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

洗顔は適度に行うこと

皮脂はニキビの原因になるものではありますが、肌をバリアしてくれるためのものでもあります。そのため、適度に存在しなければならないのです。過剰に洗顔を行ってしまうと、皮脂がまったく存在しない肌になってしまいます。

そうなれば肌が乾燥してしまい、ニキビケアをしているつもりがニキビを促進する結果に繋がってしまうのです。注意しましょう。

洗顔料は肌に優しいものを

洗顔料の中には、あまりにも洗浄力が強過ぎるものが存在します。界面活性剤が使われた洗顔料はその代表ですが、このようなものを使うと肌が乾燥しやすくなってしまい、ニキビの原因となってしまいます。特に乾燥肌の人は注意しましょう。

枕カバーを定期的に交換する

布団カバーもそうですが、枕カバーにはたくさんの皮脂が付着しています。目には見えなくても、ホコリや雑菌、ダニなどがいる場合があるのです。こういった清潔さを保つということもニキビケアの一環となりますので、枕カバーは三日に一回は交換するようにしてください。

ニキビは潰さずに薬で治す

ニキビを潰してはいけない、とよく言われますが、これは跡を残さないための話です。ニキビを潰してしまうと、その周りの肌も傷ついてしまうため、シミになってしまったり、窪みができてしまったりするのです。

そのため、ニキビができた際には必ず薬を使用して治すようにしましょう。赤ニキビや白ニキビなど様々な種類のニキビがありますが、それに適した市販薬を使ってください。また、顔と背中のニキビでは適した薬も変わってきます。部位による薬の差もあるので、そこにも注意しておいてください。

喫煙しないこと

煙草を吸っている人にとっては辛い話ですが、ニキビのことを考えるのであれば、煙草はやめるべきです。なぜなら、煙草を吸うと活性酸素が増えるからです。なんと煙草一本につき、活性酸素は100兆個増えると言われているのです。

また、煙草は体内のビタミンCの吸収を妨げ、体外の排出量を高めてしまいます。つまり、煙草を吸うと、ビタミンCをとっても、多くが体を素通りしてしまうということになのです。ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えたり、炎症を軽くしてくれる効果があります。

ニキビ予防のためには重要な栄養素です。煙草を吸うと、活性酸素とビタミンCの消失という二つのデメリットがあるので、ニキビに悩んでいる人は極力吸わないようにしましょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る