もうシミを作りたくない!ニキビ跡がシミになるメカニズム

当サイトではニキビ対策を行うにあたって普段の生活で気をつけておくべきポイントや、症状別のニキビケアに最適なニキビケア化粧品の紹介などをご紹介しています。ニキビは対策が難しいたいへん厄介な症状ですが、しっかりとしたケアを行うことで症状を軽減していくことが十分に可能です。当サイトが厳選したニキビケア化粧品のランキングもご紹介していますので是非参考にしてみてください。

もうシミを作りたくない!ニキビ跡がシミになるメカニズム

なぜニキビ跡がシミになるの?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

ニキビ跡はそのまま放っておくと、やがて肌の表面に色素沈着してしまいます。このような色素沈着がなぜ起こるのかというと、大人ニキビの炎症発生時にメラニン色素が産生されてしまうからです。

大人ニキビの炎症が悪化し、さらに真皮までもダメージを受けている場合には、メラニン色素の色がそのまま肌に残ってしまうことで、いわゆるシミになるのです。シミは炎症を伴う悪化したニキビの治癒後に発生することが多く、最悪の場合は一生消えずに、肌にシミとして残ってしまうこともあります。

シミのないキレイな肌を取り戻すためには、乾燥を防ぐなど、日頃のニキビケア対策がとても大切です。健康な肌であれば多少のメラニンが産生されたとしても、肌のターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質がシミと共に徐々に排出されるからです。

肌のターンオーバーが正常であれば、徐々に元のキレイなシミのない肌に戻っていくのです。しかし、よくある赤黒色や紫がかった色のシミというものは、この茶色いシミとは別のものです。

これのシミは、炎症や化膿が悪化した場合、表皮の奥にある真皮にダメージが進んでいき、毛細血管が壊れてしまうことで細胞に血液が染み出し、赤黒色や紫がかったシミ跡になると言われています。

ビタミンCでニキビケア!

6b82c2bb6774a387642454617802c0c8_s

肌状態を良くし、大人ニキビを防ぐニキビケアのためには、ビタミンを摂ることがいいと言われています。ビタミンにはいろいろな種類がありますが、肌に良いビタミンと言えば、ビタミンCが有名です。

このビタミンCには、ニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑えることができ、肌を脂性に傾くのを防いでくれるので、大人ニキビの予防対策として積極的に摂りたい成分なのです。このビタミンCの効果のひとつに、抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、私たちの身体を酸化させる紫外線やストレス、タバコなどで生じる活性酸素によるダメージから身体を守ってくれる働きのことです。

ビタミンCを摂取することで、この活性酸素の働きを抑え、細胞の老化を防ぎ、肌の乾燥などを予防します。また、ビタミンCには美白作用や抗炎症作用などもあるため、メラニン色素の生成を抑え、現在炎症を起こしている大人ニキビの改善効果的も期待できます。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、体に溜めておくことが難しい成分なので、一度に大量摂取したとしても、尿などで体外へ排出されてしまいますので、毎日こまめに継続して摂取する必要があります。

特に、日頃から喫煙をしている人は、喫煙によりビタミンCが消費されることもあり、健康的な肌作りのためには、より多くのビタミンCを摂取しなければなりません。このビタミンCを多く含む食品には、パプリカやブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、ゴーヤなどの緑黄色野菜野や、キウイやイチゴ、アセロラなどの果物類に多く含まれています。これらの野菜や果物などを積極的に摂り、日頃から規則的な生活習慣をすることがニキビケアに繋がります。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る