肌バリア機能を弱めない正しい洗顔方法

当サイトではニキビ対策を行うにあたって普段の生活で気をつけておくべきポイントや、症状別のニキビケアに最適なニキビケア化粧品の紹介などをご紹介しています。ニキビは対策が難しいたいへん厄介な症状ですが、しっかりとしたケアを行うことで症状を軽減していくことが十分に可能です。当サイトが厳選したニキビケア化粧品のランキングもご紹介していますので是非参考にしてみてください。

肌バリア機能を弱めない正しい洗顔方法

今使用している洗顔料、強すぎていませんか?

d83dbed6c463c66cae9e50608c668c7c_s

今使用している洗顔料が、肌のバリア機能を弱めてしまう可能性があります。強い洗顔料を使用し続けていると、肌に必要な皮脂まですべて奪い取ってしまい、乾燥肌になり、最終的に大人ニキビの発生に繋がります。

洗顔料は弱酸性というだけでは低刺激とはいえません。洗顔料は、肌の汚れを落とすために界面活性剤と言われる洗浄成分が入っています。

石油由来の洗浄料がベースの洗顔料なども多く、石油系の合成界面活性剤の場合は洗顔料を洗い流した後も肌表面に残りやすく、洗顔後も肌を刺激してしまうことがあります。

これは肌の弱い方にとっては強すぎると言えます。本来、肌と言うものは、空気中に舞っているホコリや異物などが付着したり、汗や皮脂が出た時以外はそれほど汚れているものではありません。

特に、乾燥肌や敏感肌の人にとっては、皮脂などの汚れを落とすことよりも、ニキビケアとして肌に刺激を与えないことの方が重要なのです。

強い洗顔料で肌を洗い過ぎると必要な皮脂膜まで洗い落としてしまうことになり、バリア機能がきちんと働かなくなる恐れがあるのです。この皮脂膜が失われる一番の要因が洗い過ぎなのです。

清潔を保つためには、肌を適度に洗うことは大切なことですが、洗い過ぎてしまうことで皮膚のバリア機能が徐々に弱まり、異物などが侵入してしまうことになるのです。

また、少しでも肌が脂性に傾いたりすると、必要以上に洗顔をしてしまったりする人もいます。洗いすぎることにより、逆に肌を脂性に導いてしまう場合もあるのです。

その結果として、肌が荒れてしまったり、大人ニキビができてしまったりするのです。肌のバリア機能を守るためには、クレンジングや洗顔料は低刺激で、できるだけ余計な成分を含まない無添加などの製品を使用するようにしましょう。

そして、洗顔後にはニキビケア対策として、保湿ローションやクリームなどできちんとしたスキンケアを行うことが大切です。洗顔をしたまま放っておくと、肌がより乾燥してしまうからです。

いくらやさしく洗っても洗顔料が強ければ意味が無いのです。なるべく低刺激の洗顔料を使い、やさしく洗うことが肌のバリア機能を弱めないことに繋がるのです。

朝は水だけの洗顔がオススメ!

e371fa1ff34f1368c1cd5d41b7f63538_s

朝は水だけの洗顔を行うことで、肌のバリア機能を高めることが出来ます。そして、朝のみ水洗顔を取り入れると、乾燥肌対策にもなるのです。

今までは洗顔料を使用することで、肌の負担となっていた洗顔料による刺激がなくなり、肌が適切な油分と水分バランスを取り戻すことができるのです。

朝のみ水洗顔を行うことで、肌そのもののバリア機能が強くなるのです。朝は、皮脂などが出ている程度で、洗顔料で落とすほどの汚れはありません。

しかし、夜の洗顔では肌質に関係なく洗顔料を使用し、1日の汚れを洗顔料を使用し、優しく落とした方がいいでしょう。朝の水洗顔とは、水だけで優しく洗顔するやり方です。

まず、両手で水をすくい、顔に付けると言う感じで、10~20回を目安にすすぎ洗いをします。少しべた付く鼻や額の部分は、指の腹で撫でるような感じでやさしく洗いましょう。

もし、水ではなく熱い湯などを使用してしまうと、必要以上に皮脂膜を落としてしまい、乾燥肌に繋がります。いくら、肌に刺激となる洗顔料を使用しなくても、お湯で洗うと逆効果になるので注意しましょう。

洗顔に使用する水の温度は、20~30℃の常温を使用するのがいいでしょう。そして、洗顔後は、肌はバリア機能が壊れやすくなっており、とてもデリケートな状態です。

タオルなどでゴシゴシと肌を擦ったりすれば、それが肌への刺激となり、ニキビ跡が残ってしまうことに繋がります。肌に当てるような感じで、やさしく水分を拭き取るようにしましょう。

また、日頃から肌のバリア機能を高めるため、肌にいいとされるビタミンを多く含んだ食品などを摂ることも大切です。ビタミンを多く含んだ食品は、ニキビケアに最適なのです。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る